PR
写真1●インフォテリアの表計算サービス「OnSheet」の画面
写真1●インフォテリアの表計算サービス「OnSheet」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 XML専業ソフトベンダーのインフォテリアは7月25日,SaaS(software as a service)型の表計算サービス「OnSheet」を開発したと発表した。同時にこのサービスを10月から提供することも明らかにした。現在,ベータ版のサービスを同社のOnSheetサイト(http://www.onsheet.net/)で提供中。個人は無料で利用できるが,法人は有料となる(料金は未定)。

 OnSheetは,香港のチーム・アンド・コンセプツと共同開発したWebブラウザ上で使える表計算サービス。表計算機能に加え,グラフ機能も搭載する(写真1)。マイクロソフトのExcelのような操作感覚で利用できるのが特徴で,ExcelのXLS形式やオープン・ドキュメントのods形式,PDFなど様々な入出力フォーマットに対応している。

 企業ユースを想定した機能も数多く組み込まれている。最大の特徴は,インフォテリアのEAI(エンタープライズ・アプリケーション統合)製品「Asteria WARP Lite」にも搭載されていた「パイプライン機能」。パイプラインは,OracleやDB2,SQL Serverといった様々なデータベースから,GUI操作で容易にデータを抽出・変換できる。ただベータ版では,パイプライン機能は提供されていない。

 XML専業ベンダーのインフォテリアが表計算サービスに乗り出したのは,EAI分野で表計算ソフトが意外に多く使われているからである。「Asteriaの導入企業の約半数がフロントエンドのアプリケーションとしてExcelを使用している。ただ,Excelの場合多くのバージョンがあり,互換性の問題がある。SaaS型のサービスならこうした問題を解決できるはず」(平野洋一郎社長)としている。