PR

 米IBM、米インピンジ、米インターメック、米リーバ・システムズなどは7月25日、無線ICタグ・リーダーを制御するための標準規格である「LLRP(ローレベル・リーダー・プロトコル)」用ライブラリ・ソフトのオープンソース・プロジェクトを積極的に支援すると発表した。リーダーやRFIDミドルウエアのベンダーにLLRPの採用を促し、マルチベンダーのICタグ・システムを構築しやすくする狙いがある。これまではミドルウエア・ベンダーが各リーダー・メーカーの独自プロトコルを実装しており、ミドルウエアによって対応するリーダーにバラつきがあった。

 LLRPは、ICタグの標準化団体であるEPCグローバルが2007年4月に承認した。リーダー制御用の標準プロトコルとしては、「リーダー・プロトコル1.0」が06年6月に承認されていたが、ISO18000-6タイプC(Gen 2)対応ICタグの多くの機能を制御できないなど、機能面の制限が大きかった。このため対応するリーダーはほとんどなかった。

 LLRPはこのリーダー・プロトコル1.0を置き換えるもので、今後実装する製品は増えてくると見られている。既に、リーバやリーダー・メーカーの独ダイスターエレクトロニックなどがLLRPを実装している。リーバは、多数のリーダーを制御して、リーダー間の干渉を防いだり、余分な読み取り結果を取り除くためのコントローラを開発・販売しているメーカー。

 今回のプロジェクトで開発中のライブラリ・ソフト「LLRPツールキット」は、C++やJava、Perlなどで実装している。現在公開しているのはアルファ版で、正式版の公開は07年第3四半期の予定である。プロジェクトの支援は、冒頭の4社のほか、RFIDミドルウエア・ベンダーの米OATシステムズ、ICタグやリーダーのエミュレータを開発する米プラマリ、米アーカンソー大学の計7組織が実施する。