PR

 エス・エス・ジェイ(SSJ)は7月31日、中小企業向けのERP(統合基幹業務システム)ソフト「superstream-uno」を8月1日から販売すると発表した。同社は中堅企業向けのERPソフト「SuperStream-CORE」を主力としてきたが、新製品ではこれをベースに標準機能を限定することで価格を引き下げた。

 SSJの竹内伸代表取締役社長は「当社のERPを導入したくてもコスト面であきらめていた潜在ユーザーを掘り起こすため」と新製品投入の狙いを説明する。「ERPを導入する際の初期投資を抑えられるだけでなく、将来的にSuperStream-COREにアップグレードすることで、四半期決算や部門別決算といった管理会計にも対応できる」(竹内社長)。

 superstream-unoは具体的には、SuperStream-COREが備える財務会計と支払い管理の基本機能を抜き出してパッケージにした製品。同時利用ユーザー1人当たりのライセンス料では、SuperStream-COREの300万円に対してunoは100万円と安くした。

 またsuperstream-unoの発売に合わせて、パートナー企業が顧客に提案しやすい仕組みも用意する。具体的には製造業など業種別に、導入作業のテンプレートを提供。「COREでは半年かかるような導入作業も、テンプレートを使うことで1カ月から2カ月程度に短縮できる」(長谷川孝至取締役執行役員商品企画部長)という。