PR
コードなにがしのトップ画面
コードなにがしのトップ画面
[画像のクリックで拡大表示]
左からテックスタイル 代表取締役 岡田良太郎氏,オープンタイプ 代表取締役 早川仁氏,テックスタイル 代表取締役 吉田斉氏
左からテックスタイル 代表取締役 岡田良太郎氏,オープンタイプ 代表取締役 早川仁氏,テックスタイル 代表取締役 吉田斉氏
[画像のクリックで拡大表示]

 オープンタイプはソースコードやプログラミングのノウハウを共有するサイト「code*」(コードなにがし)をオープンした。誰でも無料でコードやノウハウを閲覧,公開できる。オープンタイプが蓄積した,PHPを中心とするコードやノウハウも今月中に1万件以上掲載する。

 「長年開発に携わってきたが,感じる大きな疑問は技術情報やソースコード,ノウハウの体系的な共有化,オープン化が全く行われていないこと」(テックスタイルの代表取締役 吉田斉氏)。オープンタイプは情報システムやオープンソースに関するコンサルティングを行うテックスタイルのグループ企業で,ツールの提供やサービスの開発などを行っている。

 code*ではユーザーが質問を登録でき,それに対し回答することができる。匿名での投稿も可能。また登録されたソースコードやノウハウに対してはユーザーがそれを評価したりコメントしたりでき,優れた投稿には高い点数がつくことで投稿者のモチベーションやノウハウの質を高めることができるとしている。運営するオープンタイプは自身が蓄積したコードやノウハウを提供するとともに,社員教育の一環として社員が質問に回答するという。

 code*自体での広告などによる収益は現時点で考えていない。「システム開発などの基盤となるプラットフォームの研究開発や信頼性向上と位置付けている」(テックスタイル 代表取締役 岡田良太郎氏)。

 テックスタイル・グループでは「これまでもかかわってきた,当社の強みである『オープン標準』を軸に事業を展開していく」(テックスタイル 岡田氏)としており「8月下旬にはPDF,Word,PowerPoint,ODF文書を共有できる“文書版YouTube”サービス,9月には『群集の英知』を活用するための情報集約・共有サービス,秋頃にはソフトウエアの技術開発を支援するファンドの設立を予定している」(テックスタイル 吉田氏)。2007年度の売上高は5億円強の見込みだが,2010年には20億円を目指すとしている。

 
◎関連リンク
code*(コードなにがし)