PR

 北陸銀行と北海道銀行を傘下に持つほくほくフィナンシャルグループは8月1日、勘定系システムの共同バックアップ・システムを構築したと発表、同日付けで稼働を開始した。災害時における事業継続を強化する。

 バックアップ・システムの構築・運用は富士通が担当。システムは富士通の子会社である富士通エフ・アイ・ピーの「長野アウトソーシングセンタ」に構築。バックアップ・システムを2行で共同利用することにより「単独で構築した場合に比べコストが大幅に抑えられた」(ほくほくフィナンシャルグループ広報)という。