PR

 さくらインターネットとネプロアイティは2007年8月3日、携帯電話向けのメールサービス「mym.sg(マイメッセージ)」のリニューアルを発表した。POP3に対応し、パソコンなどにインストールされているメールソフトでの受信を可能にした。また有償版では、mym.sg以外のメールを受信できるようにした。

 mym.sgは、携帯電話の通信事業者を変更しても、1つのメールアドレスを利用可能にするサービス。専用の携帯電話向けメールソフトを用意するほか、Webメール機能やスパムフィルター、携帯電話が備えるメール機能を使って送ったメールのアドレスをmym.sgのアドレスに変換する機能などを備える。無償で利用でき、サーバー容量が30MBまでの基本機能版と、月額100円で1GBまでのサーバー容量を利用できるプレミアム版がある。

 POP3での受信は、「ユーザーから最も多かった要望」(同社の笹田亮社長)。基本機能版、プレミアム版ともにPOP3に対応した。またプレミアム版では、携帯電話向けメールソフトで、mym.sg以外のメールの受信が可能になった。パソコンに保存してあるアドレス帳データのmym.sgへのインポート機能追加や、ユーザーインタフェースの改良なども行った。