PR

 米Amazon.comは,生鮮食品を扱う新たなオンライン販売サービス「Amazon Fresh」を立ち上げた。当面は,ワシントン州シアトルの住人を対象に,限定的な招待形式の試験プログラムとして運用する。

 Amazon Freshサイトに掲載の説明によると,野菜や果物,精肉,牛乳,アイスクリームのほか,常温保存可能な食料雑貨をオンラインで販売する。

 商品の引取方法は,注文の翌朝までに温度調整ケースに入れて配達してもらう「Pre-Dawn Delivery」,注文の翌日に1時間単位で配達時間を指定できる「Daytime Delivery」,注文当日に近所のピックアップ・センターに取りに行く「Local Pick-Up」から選べる。

 Pre-Dawn DeliveryとDaytime Deliveryは,購入合計額が一定金額を超えると送料無料となる。Local Pick-Upは送料が不要。米メディア(CNET News.com)の情報によれば,Pre-Dawn Deliveryは購入合計が25ドル以上,Daytime Deliveryは同50ドル以上で無料配達してくれる。購入合計がこれらより低い場合は,送料9.99ドルがかかる。

[Amazon Freshサイト]