PR

 米Appleは,初代スマートフォン「iPhone」の出荷開始から5週間経過し,広範に及ぶ信頼性の問題と,先ごろ相次いで発生したセキュリティ問題に対処するため,ついにソフトウエア修正パッチをリリースした(関連記事:Apple,「Mac OS X」と「iPhone」向けセキュリティ・アップデートをリリース)。

 AppleはiPhoneをアップデートする仕組みとして,実に抜け目のない方法を採用している。しかし,セキュリティ研究者から最近指摘された問題に対応するセキュリティ修正パッチを認めた。同社によると,この修正パッチは信頼性の問題も解決するという。

 待ち望まれている機能面のアップデートについては,残念ながらまだ待たなければならない。iPhoneの内部は,Apple外部の人間に見せたことのない,アプリケーションと機能に関する機構であふれているはずだ。