PR
日本版FONマップのトップページ。初期状態で渋谷駅周辺のマップを表示する
日本版FONマップのトップページ。初期状態で渋谷駅周辺のマップを表示する
[画像のクリックで拡大表示]
FONのオフィシャルサイトにあるFONマップのトップページ。初期状態の画面は大西洋を中心にした世界地図を表示する
FONのオフィシャルサイトにあるFONマップのトップページ。初期状態の画面は大西洋を中心にした世界地図を表示する
[画像のクリックで拡大表示]

 エキサイトは2007年8月6日、公衆無線LANサービス「FON」のアクセスポイントの所在地を示す「FONマップ」を国内向けにカスタマイズし、公開した。

 従来からFONのオフィシャルサイトで公開されていたFONマップは日本語表示に対応しているが、地図自体は海外と共通。初期状態では、大西洋を中心にした世界地図が表示される。地図で日本国内のアクセスポイントの位置を調べるには、世界地図から絞り込んでいかねばならず、手間がかかった。

 これに対し、日本版FONマップは初期状態で渋谷駅周辺を表示する。そのため、国内、特に東京都内で使う場合は、見たいエリアを探しやすい。また、最初に表示する地域を渋谷周辺に限定することで、一度に読み込む地域情報が少なくて済み、動作も軽くできたという。

 今後、エキサイトでは地図上に表示する情報を増やしていく予定だ。例えば、FONのアクセスポイントを設置しているカフェやホテルのロゴや情報を表示することなどを検討している。