PR

 英国のサッカー連盟であるFootball Association Premier League(フットボール協会プレミアリーグ)と独立系音楽出版社の米Bourneは米国時間8月6日,米Google傘下のYouTubeを相手取って起こしている集団訴訟の原告に,全米音楽出版社協会(NMPA)をはじめとする複数の団体や企業,スポーツ協会が加わったと発表した。

 両者は今年の5月4日,著作権侵害のコンテンツが所有者の許可なしにビデオ共有サイト「YouTube」に掲載されているとして,ニューヨーク州南部地区米連邦地方裁判所に提訴した。

 今回新たに原告に加わったのはNMPAに加え,英国のRugby Football League(ラグビー・フットボール・リーグ),フィンランドFinnish Football League Association(フットボール・リーグ協会),音楽制作および出版を手がける米X-Ray Dog Music,ボクシング番組の米Knockout Entertainment,ボクシング・プロモーションを行う米Seminole Warriors Boxing,ジャーナリストのRobert Tur氏,作家のDaniel Quinn氏。

 フットボール協会プレミアリーグ広報担当のDan Johnson氏は,「コンテンツを無断使用されている他の著作権所有者が,原告に加わったことを大変心強く思う。YouTubeとGoogleのビジネス・モデルは違法であり,著作権所有者の権利を踏みにじるものだ。このような著作権侵害行為は何としてもやめさせなくてはならない」と述べている。

[発表資料へ]