PR
[画像のクリックで拡大表示]

 九十九電機は2007年8月8日,Linuxディストリビューション「Turbolinux FUJI」や「Turbolinux FUJI Basic」をインストールした中古PCを8月11日から店頭販売すると発表した。Turbolinux FUJIを開発したターボリナックスが製品化に協力する。

 九十九電機は2007年5月30日に,ノベルの「SUSE Linux Enterprise Desktop 10」を搭載した中古PCを販売開始済み(関連ニュース)。また,Turbolinux FUJIを搭載した中古PCについては,日立情報通信エンジニアリング(旧 日立インフォメーションテクノロジー)が2006年5月17日から販売開始している。

 九十九電機は,LinuxをクライアントOSとして利用する需要の拡大を見込んで,既に販売実績のあるTurbolinux FUJI搭載の中古PCをラインナップに加えたという。同社が運営する「ツクモ」の店頭で販売することで,ユーザーがより手軽に安心してLinux搭載パソコンを手に入れられるとしている。

 価格は,デスクトップ型が2万4800円から,ノート型は5万9800円から(写真)。販売は,秋葉原にあるツクモDOS/Vパソコン館とツクモ12号店,札幌にあるDEPOツクモ札幌駅前店で行う。