PR

 米レノボは8月7日、欧州の個人向けパソコン・メーカー、パッカードベルの買収を検討することで、覚え書きを交わしたことを発表した。レノボは買収案件を提案してきた独立な立場の第三者と交渉しており、最終合意に向け政府機関との話し合いも始めているという。

 パッカードベルはNECが1996年に資本参加し、子会社していた時期がある。NECは欧米など海外市場でのパソコン事業の強化を狙ったが、投資がふくらみ黒字化の見込みが立たなかったため、2006年に売却している。米国では2000年、米パッカードベルNECの企業向けパソコン/パソコン・サーバー事業を,同年設立の米NECコンピューターズに移管している。