PR

 日本通信は8月9日,「ユーザー名@tangomail.jp」という独自ドメインを使った携帯電話向けメール・サービスを提供すると発表した。携帯電話事業者との相互接続を利用して,iモードメールなどと同様の使い勝手となるメール・サービスを提供するという。サービスは,同日付けで設立した100%子会社の「丹後通信」を通じて提供する。

 日本通信は,7月31日にiモード用パケット網との相互接続をNTTドコモに申請している(関連記事)。今回の発表では,8月8日にKDDI,ソフトバンクモバイルにもパケット網の相互接続を申し込んだと明らかにした。3事業者との相互接続が実現すれば,ユーザーが通信事業者を乗り換えても同じメール・アドレスを使い続けられるサービスになる。

 丹後通信と契約したユーザーは,端末の通信設定を変更することで,iモードメールやEZwebのEメール,S!メールの代替として丹後通信のメール・サービスを利用できる。サービス料金は無料の予定とする。サービス申し込みの受け付けは9月1日に京都府の丹後地域で開始。全国のユーザーからの受け付けは,丹後通信のWebサイト上で10月1日に始める予定だ。

 丹後通信は,京都府の丹後地域に根差したサービスの提供を目的に設立した通信事業者である。京都府宮津市に本社を置く。現在は日本通信100%子会社だが,「地元密着を目指しており,今後は地元企業からの出資も受けたい」(日本通信)とする。代表取締役社長には,元日本経済新聞社記者で経営コンサルタントの沼田憲男氏が就任した。当面は携帯電話向けメール・サービスのみを手掛けるが,将来的にはMVNO(仮想移動体通信事業者)の形態で回線サービス事業も提供予定としている。

発表資料(PDF形式)

■変更履歴
記事掲載当初,「ユーザー名@tandomail.jp」としていましたが正しくは「ユーザー名@tangomail.jp」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2007/08/10 01:35]