PR

 米Sprint NextelはWiMAX関連の事業計画について米国時間8月16日に明らかにした。2010年末までに最大50億ドルを投じるという。

 同社はWiMAXサービスを「XOHMTM」というブランド名で展開する。年内にシカゴ,ボルチモア,ワシントンDCでWiMAXネットワークを立ち上げ,2008年前半に商用サービスを開始する予定。

 今年7月に提携を発表した無線ブロードバンド・サービスの米Clearwireと共同でWiMAXネットワーク構築に取り組み,2008年末までに1億人,2010年末までに約1億2500万人をカバーする規模を目指す。

 まず2008年末までに約25億ドルを投じる。その後2010年末までに約25億ドルの追加支出が必要になると推計する。同社は2010会計年度における同事業の売上高を20億~25億ドルと見積もっている。

 ちなみに同社はWiMAXサービス展開に向けて,米Googleや韓国Samsungなどとも提携を結んでいる(関連記事1関連記事2)。

[発表資料へ]