PR

 米IBMは米国時間8月17日,コラボレーション・クライアントの新版「Lotus Notes 8」およびコラボレーション・サーバーの新版「Lotus Domino 8」をリリースした。IBMが同日明らかにしたもの(関連記事:IBM,次期コラボレーション・ソフト「Lotus Notes/Domino 8」のベータ版を公開)。

 Lotus Notes 8について,IBMは「競合製品と異なり,機能はメールだけにとどまらない」と説明する。インスタント・メッセージング(IM)およびプレゼンス機能,各種文書/プレゼンテーション/表の編集ツール,ヘルプ・デスク,CRM,販売支援,オンライン掲示板,ブログといった機能をベースに,オフィスにおける作業を統合するという。

 新たに搭載した拡張可能なサイドバーにより,主なアプリケーションをメッセージ受信箱内で管理できる。RSSリーダーも搭載した。

 オープンソースのプロダクティビティ・ソフトウエア「OpenOffice.org」のサブセットである「IBM Lotus Productivity Editors」を標準搭載する。これにより,OpenDocument形式の文書操作が可能となり,「Microsoft Office」のワープロ/表計算/プレゼンテーション文書と互換性のあるファイルの作成/編集が行えるという。

 ソフトウエア開発プラットフォームの新版「Lotus Expeditor 6.1.1」を採用し,複数のソフトウエア部品を組み合わせるマッシュアップ・アプリケーションの開発が可能となった。

 価格は,Lotus Notes 8が1クライアント当たり101ドルから,Lotus Domino 8が1バリュー・ユニット当たり14.75ドルから。Webベースのクライアントである「IBM Domino Web Access」は1ユーザー当たり73ドル。クライアントとサーバーをパッケージ提供する中小企業向け製品「Lotus Domino Express」は1ユーザー当たり99ドルから。ボリューム・ディスカウントも用意する。

 なおLotus Expeditor 6.1.1は,IBMが同日発表したEclipse環境でWeb 2.0アプリケーションを作成するためのソフトウエア開発プラットフォームの新版。セキュリティ機能を強化したほか,IMクライアント「Lotus Sametime 7.5.1」,ポートレット開発ツール「IBM WebSphere Portlet Factory」,ポータル基盤「IBM WebSphere Portal Express」を組み込んだ。Microsoft Visual Basicアプリケーション用の変換機能も備える。

 Lotus Expeditor 6.1.1の価格は,開発ツール付きクライアントが1認定ユーザー当たり99.25ドル。サーバーを含むパッケージが5500ドル(25ユーザー)から。

[発表資料(Lotus Notes/Domino 8)]
[発表資料(Lotus Expeditor 6.1.1)]