PR

 米Sun Microsystemsは米国時間8月21日,同社の環境保護への取り組みの一環として低消費電力システムなどで構成した3カ所のデータ・センターを公開した。公開したのは,米カリフォルニア州サンタクララ,英ブラックウォーター,インド・バンガロールに新設したもの。同社のデータ・センターのグリーン化への取り組みにより,年間約4100トンの二酸化炭素排出量を削減できるという。これは,Sunが1年間に排出する二酸化炭素量の1%に相当する。

 これら3カ所のデータ・センターは,2007年1~6月の間に運用が開始されたもの。低消費電力を特徴とするSunの「Sun Fire T1000」「同T2000」やx64サーバーを導入し,OSはSolarisを採用している。これら3カ所のデータ・センターにおける取り組みにより,Sunのデータ・センターの総床面積は,26万7000平方フィートから約13万3000フィートに縮小したという。

 今回公開したデータ・センターの中では,サンタクララのデータ・センターが床面積7万6000平方フィートで最も規模が大きい。サンタクララでは,プロジェクトの第1段階として,3カ月かけてハードウエアを統合した。第1段階だけで,年間110万ドル分の電力コスト削減を見込む。12カ月かけて完了した第2段階では,スペースを設計したほか,新しいハードウエアなどを設置。さらに電力コストの30%削減が期待できるという。

 Sunは,同社の2008会計年度において,データ・センタの電力消費量20%削減を目指している。

発表資料へ