PR

 マイクロソフトは2007年8月22日、Windows XPの正規OEMライセンスのパソコンメーカーなどへの提供を、2008年1月31日に終了すると改めて発表した。これと同時に、パソコンメーカー各社によるWindows XP搭載パソコンの生産も終了する。

 Windows XPのOEMライセンス提供が、Windows Vista発売後1年間継続されることは従来から明らかにされていた。提供終了による混乱を避けるため、今回改めて発表された形だ。

 ただし、企業内でWindows Vistaを利用する場合の互換性確保などを考慮し、一部エディションにはWindows XPへのダウングレード権を用意する。Windows Vista BusinessおよびUltimate搭載パソコンを購入したユーザーは、Windows XP Professionalにダウングレード可能。またWindows Vista BusinessとEnterpriseをボリュームライセンスで購入したユーザーも、Windows XP ProfessionalやWindows 2000 Professionalなどにダウングレードできる。

 なお、パソコンパーツと一緒に販売されるDSP(Delivery Service Partner)版の提供は、2009年1月31日まで継続する。