PR

 日本オラクルは8月23日、中堅・中小企業向けのビジネス・インテリジェンス(BI)製品の新製品「Oracle Business Intelligence Standard Edition One(BI SEOne)」を発表した。BIに必要な機能を単一パッケージにまとめ、価格を5ユーザーで65万6250円からと低く設定したのが特徴だ。9月11日に出荷を開始する。売上高1000億円以下、従業員が1000人以下の企業が主な対象。三澤智光 常務執行役員は、「この市場は、BIがほとんど導入されていない。『安い、簡単、使いやすい』をキーワードに、初年度で5億円程度を売り上げたい」と意気込む。

 BI SEOneには、BIサーバー、ETL(抽出・変換・移行)ツール、Oracle Databaseに加え、アドホック分析やダッシュボード、定型帳票設計・配布といった6つの機能が備わる。「中堅・中小企業がBIを導入するのに必要かつ十分な機能を搭載している」(三澤常務)。BI SEOneは米オラクルが買収した旧シーベル・システムズの「Siebel Analytics」を基にしている。ただし、利用できるのはユーザー数が5~50人で、データ・ソースが2種類までの場合に限定している。

 同社は、中堅・中小企業へのBIの導入に弾みをつけるには、思い切った価格戦略が必要と判断。「全部込みで65万6520円からという破格の価格設定をした」(三澤常務)。同社が調べたところによると、競合他社のBIツールは500万円ほどで、比較的安いとされるマイクロソフト製品と比べても半額程度という。

 BI SEOneは日本オラクルが単独で出荷するだけでなく、ISVパートナーのパッケージ・ソフトにBI SEOneを組み込んだ形でも提供する。三澤常務は、「BIはKPI(重要業績評価指標)やデータ・モデルの設定が難しいこともあり、中堅・中小企業にとっては敷居が高かった。あらかじめ、こうした設定をパッケージ・ソフトに組み込めば、利用しやすくなる」と語る。既に、電通国際情報サービスやみずほ情報総研など10社と提携。ほかにも現在、30~40社と交渉しており、順次、パートナー企業を拡大していく予定だ。