PR

 米Sun Microsystemsは,NASDAQ株式市場における同社株のティッカー・シンボル(証券コード)を,従来の「SUNW」から「JAVA」に変更する。同社が米国時間8月23日に発表したもの。新たなティッカー・シンボルは8月27日の取引より使用する。

 Javaは1995年に同社が開発した技術ブランドで,「インターネット上で最も普及している技術ブランドのひとつにまで発展した」(同社)。米Googleや米eBayのほか,大手金融企業や通信企業などが取り入れており,21億台以上のモバイル・デバイス,インターネット接続しているほぼすべてのパソコン,多数の民生電子機器や組み込みシステムで採用されているという。

 SunはJava技術のライセンスだけでなく,Javaベースのソフトウエア,ストレージ,サーバー,サービスなどからも多くの収入を得ている。「Javaの認知度の高さが当社事業の強みとなっている。新たなティッカー・シンボルは,より効果的に当社と市場を結びつけるだろう」(同社)

[発表資料へ]