PR

 ケーブルテレビ(CATV)統括運営会社のジュピターテレコム(JCOM)と,CATV事業者向けのVODコンテンツ供給会社であるジュピターVOD(本社:東京都目黒区,社長:荒木透氏)は2007年8月24日,JCOMのVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス「J:COMオンデマンド」において10月1日から,米Time Warnerグループの有料放送事業者である米HBO(Home Box Office)の作品を配信すると発表した。ジュピターVODとHBOがVODサービスに関するライセンス契約を締結し,HBOが制作したテレビトラマシリーズなどをJCOMに供給する。

 今回の契約に伴いJCOMは,HBOのドラマシリーズなどを毎月4本程度提供できることになった。10月にはゴールデン・グローブ賞やエミー賞を受賞した作品を,HDTV(ハイビジョン)画質で提供する。具体的には,ビル・パクストンが一夫多妻の男を演じる「ビッグ・ラブ」やHBOの代表作「ザ・ソプラノズ」,トム・ハンクスの総指揮で制作したアポロ13号のヒューマンドラマ「フロム・ジ・アース」などを配信する予定である。