PR

 マン島CanonicalとUbuntu Linuxの開発コミュニティであるUbuntu Foundationは,現地時間8月24日,Linuxディストリビューションの新版「Ubuntu 7.10」(開発コード名は「Gutsy Gibbon」)のアルファ5版「Tribe 5」を公開した。同コミュニティのWebサイトから無償でダウンロードできる。最終版は2007年10月にリリースする予定。

 Gutsy Gibbon Tribe 5は,デスクトップ環境として「GNOME 2.19.90」を採用した。GNOMEの同バージョンは,将来版である「GNOME 2.20」初の公開ベータ版という。またX Window System対応のグラフィックス設定ツールを新たに搭載し,ターミナルを起動することなくグラフィックス・カードやデュアル・モニター,表示解像度の変更といった作業が行える。

 Webブラウザ「Firefox」用の新機能として,プラグイン管理の「Apt-Enabled Plugin Finder Wizard」と拡張期能管理の「Extension Manager」を提供する。初期状態で仮想PDFプリンタを用意し,PDF出力に対応していない各種アプリケーションからのPDFファイル作成を可能とした。

 なおUbuntu Foundationは,Ubuntuベースの派生ディストリビューションである教育向けの「Edubuntu」,デスクトップ環境KDE採用の「Kubuntu」,デスクトップ環境Xfce採用の「Xubuntu」についても,それぞれTribe 5版を公開した。

[Gutsy Gibbon Tribe 5紹介ページ]