PR
欲しいコンテンツを選び、決済した後、画面上の「DVDに焼く」ボタンをクリックする。画面は無料のお試しコンテンツの場合
欲しいコンテンツを選び、決済した後、画面上の「DVDに焼く」ボタンをクリックする。画面は無料のお試しコンテンツの場合
[画像のクリックで拡大表示]
「DVDに焼く」をクリックすると画面上にDVD-Rのセットを求めるメッセージが表示される。DVD-Rをセットしてドライブを選択したら、書き込み開始
「DVDに焼く」をクリックすると画面上にDVD-Rのセットを求めるメッセージが表示される。DVD-Rをセットしてドライブを選択したら、書き込み開始
[画像のクリックで拡大表示]

 イーエントリーは2007年8月27日、DVD販売サイト「iDVDt.com」を開設し、8月28日からサービスを開始すると発表した。このサービスは、市販のDVDと同等のDVDコンテンツをインターネット経由で配信し、ユーザーのパソコンでDVD-Rに書き込むのが特徴。DVD-Rはユーザーの自前で、パッケージやケースなどは付属しない分、価格は市販のDVDパッケージよりも安い。旧作で半額程度、新作でも1000円引き程度を想定している。

 iDVDt.comでは、販売するDVDコンテンツを暗号化し、イメージデータとしてサーバーに蓄積している。ユーザーがiDVDt.comのWebサイトで欲しいDVDを選び、「DVDに焼く」ボタンをクリックすると、サーバーからユーザーのパソコンにイメージデータを配信。ユーザーのDVDドライブ内のDVD-Rに書き込む。決済はクレジットカードによる請求。書き込み時間は、ADSLやFTTHなどの回線を利用して60分収録のDVD作品を作成する場合で15~45分程度かかる。通信回線やパソコンのトラブルで書き込みに失敗した場合は、失敗した情報がiDVDt.comのサーバーに記録され、ユーザーが改めてDVD-Rに書き込めるようにする。書き込めるメディアは1層記録式のDVD-Rのみで、DVD+RやDVD-RW、DVD-RAM、2層記録式のDVD-Rなどには非対応だ。

 iDVDt.comで書き込んだDVDは、本編だけでなく、特典映像などの付属コンテンツも収録され、チャプターや音声、字幕、サラウンドなどの選択メニュー、コピーガード機能なども市販のDVDパッケージと全く同じになる。また、DVDコンテンツはパソコンのハードディスクに保存しないため、著作権上も問題はないという。

 サービス開始時点では、タレントのほしのあきや河村ゆきえなどのDVDを用意。このほか、2007年9月19日にポニーキャニオンが新作DVDを投入するほか、フォーサイド・ドット・コム、JDC信託、イーネットフロンティアなどが今後DVDを発売する予定で、「2007年9月中には500タイトルをそろえる予定」(イーエントリー)だ。映画タイトルなど2層記録コンテンツに関しては、2層記録対応のドライブの普及やディスクの低価格化に合わせて検討するとしている。

 なお、iDVDt.comの配信技術はウェブストリームの「DVD Toaster」というASPを利用しており、東映アニメーションなども採用を検討中だという。