PR
写真●ウィルコムの京セラ製新端末「WX320KR」
写真●ウィルコムの京セラ製新端末「WX320KR」
[画像のクリックで拡大表示]

 ウィルコムは8月27日,京セラ製の新端末「WX320KR」を9月5日に発売すると発表した(写真)。価格は,ウィルコムストアでデータ定額プランまたはデータ定額オプションの契約と同時に新規購入する場合で1万4800円。通信料金の割引と端末の割賦販売をセットにした「W-VALUE SELECT」を利用すると,ユーザーが24カ月間以上利用した場合の実質負担は3360円となる。

 新端末は,京セラ製の従来端末「WX320K」をベースに外装や一部のソフトウエアを変更している。メイン・ターゲットを20代の女性に設定し,(1)厚さ19.3mmへの薄型化,(2)フレームのないテンキーの採用,(3)丸みを帯びた柔らかなデザインの採用といった変更を加えた。薄型化するために,外装の成形手法を変更し,さらにメイン液晶に強化ガラスを採用した。

 このほか,新しい高速化サービスに対応した「OperaブラウザVer.7.2EX」の採用や,コンテンツの検索を簡単にする「コンテンツダイレクトアクセス」への対応などを盛り込んだ。

 なお,WX320KRの「R」はリファイン(改善する,洗練する)の頭文字を取ったもの。WX320Kと同様の基板などを使いながら,新機種として開発し直したことを示している。今後,ほかの機種でも同様の手法を利用した新機種開発を行うかどうかについては,「現時点では未定」(ウィルコム)とした。

[発表資料へ]