PR

 フランスのAlcatel-Lucentは,ドイツにおける初の商用WiMAXネットワーク導入に関してドイツの通信サービス・プロバイダであるVSE NETと契約を締結した。Alcatel-Lucentがフランスで現地時間8月27日に明らかにしたもの。

 Alcatel-LucentとVSE NETは,ドイツにおける3.5GHz周波数帯ライセンスを保持するInquam Broadbandと協力し,IEEE 802.16e-2005規格に対応した無線ブロードバンドWiMAXネットワークをドイツのザール地域に構築する。2007年秋に作業を始め,2008年1月の商用サービス開始を予定している。

 同ネットワークでは,高速インターネット接続やVoIPなどのデータ・サービスをサポートし,最大通信速度6Mbpsを目指す。初期段階では,人口の少ないザール北部の居住者と企業向けに利用可能とする。同地域はコスト面でDSLインフラを構築するのが困難であるため,VSE NETはWiMAXネットワークによりモバイルを含むさまざまなアプリケーション利用を実現し,既存の有線ブロードバンド・サービスを補完したいと考えている。

 Alcatel-Lucentは,小型WiMAXベース・ステーションと無線アクセス・コントローラを供給する。ネットワークのインストールやメンテナンスなども担当する。

[発表資料へ]