PR

 米Microsoftは米国時間8月27日,2005年のハリケーン「カトリーナ」および「リタ」で被害を受けた中堅・中小企業(SMB)に対する支援プログラムを9月より提供すると発表した。同プログラムはルイジアナ州およびLouisiana Small Business Development Center(LSBDC)と協力して行う。連邦政府および州政府が指定したルイジアナ州災害地域に拠点を置く企業(従業員200人未満)を対象とする。

 SMBは,Microsoft製のソフトウエアを3年間の「Open Value License」付きで購入できる。1年目のライセンス料のインボイスをLSBDCに送付すれば,Microsoftがその費用を負担する。

 残り2年分のライセンス料について支払い義務が残るが,Microsoftは「柔軟な支払いプランを用意する」としている。

 従業員50人の典型的なSMBが,同プログラムを利用してパソコン25台分の「Windows Vista」および「Microsoft Office 2007」を購入した場合,1万2050ドルの節約になるという。

[発表資料へ]