PR

写真●ザ・ペニンシュラ東京が導入したNTTドコモのFOMA/無線LANデュアル携帯「N902iL」
写真●ザ・ペニンシュラ東京が導入したNTTドコモのFOMA/無線LANデュアル携帯「N902iL」
 NECは8月28日,ホテル「ザ・ペニンシュラ東京」にNTTドコモのFOMA/無線LANデュアル携帯「N902iL」を利用したモバイル・セントレックス・システムを納入したと発表した。ザ・ペニンシュラ東京は,アジア・北米を中心に高級ホテルを展開する香港のザ・ペニンシュラホテルズが9月1日に東京都千代田区(日比谷)で開業するホテル。

 N902iLは,ホテルの全客室(314室)用と従業員用に約450台導入する。客室には固定IP電話に加え,N902iLが常備してあり顧客が自由に使える。フロントの呼び出しやルーム・サービスの依頼をはじめ,ホテルの外に持ち出して通常の携帯電話として利用可能(通話料はチェックアウト時に精算)。従業員向けには,顧客から依頼があった際に関連する従業員にショート・メッセージで連絡する仕組みなどを構築した。

 システム構成は,NECのSIPサーバー「UNIVERGE SV7000」が4台,固定IP電話機が約1000台。N902iLの導入に伴い,全館に無線LANも導入。7台の無線LANスイッチ「UNIVERGE WL5100」(NEC製)で約450台のアクセス・ポイント「UNIVERGE WL1500-AP」(NEC製)を管理している。

[発表資料へ]