PR

 韓国Samsung Electronicsとソニーの合弁会社S-LCDは韓国で現地時間8月28日に,第8世代アモルファスTFT液晶ディスプレイ(LCD)パネルの出荷を開始したと発表した。2007年末までに月あたり5万枚の生産体制を確立するとしている。

 同社はすでに,1870×2200mmのガラス基盤を用いた第7世代LCDパネルを生産しており「40インチ・パネルの需要に十分対応している」という。2200×2500mmのガラス基盤を用いる第8世代は,46インチおよび52インチに向ける。

 同社は,1兆8000億ウオンを投じて,2006年11月に第8世代LCDパネル工場の建設に着手した。2007年7月にテスト製造を行い,8月に本格稼働に入った。同社CEOのWon-kie Chang氏は,「われわれは,50インチ級の液晶テレビに照準を合わせ,その分野をリードすることを目指している」と述べた。

[発表資料へ]