PR

 NTTドコモは2007年8月29日,携帯電話インターネットサービス「iモード」における迷惑メールの受信制限の条件を,11月20日から緩和すると発表した。現在は同一人物が1日に200件以上のメールを送ると,NTTドコモのメールサーバーで受信せず,ユーザーにも送られないようになっている。この条件を,1日500件以上に変更する。NTTドコモは,「URL付きメールの拒否機能など,迷惑メールの対策機能が充実してきたことから,受信制限の条件を変更することにした」としている。

 また同時にiモード用メールサーバーのシステムを変更し,パソコンから携帯電話への迷惑メール送信などにつながる恐れがあるメールを,iモード端末で受信できないようにする。具体的には,(1)ドメインの最初の文字がアルファベットや数字,一定の記号以外の場合,(2)アカウント部分(@より前)とドメイン部分(@より後ろ)にひらがななどの2バイト文字や半角カナの文字が含まれる場合,(3)アドレスのアカウント部分が65バイト,またはメールアドレス全体で256バイト以上に達する場合--である。