PR

 ローソンは8月30日、POSレジのシステムにおいて障害が発生した。これにより、全国に約8500ある全店舗において、午前1時から午後0時45分までの約12時間、クレジットカード決済機能が利用できなかった。原因は、システム更新の作業ミスである。

 ローソンでは、VISAやMasterCard、JCBなど主要なクレジットカードで商品を決済できる。9月1日より、利用可能なクレジットカードの種類を拡充するため、マスター・テーブルを更新した。その際、作業に不備がありすべてのクレジットカードで決済できなくなった。

 一部の店舗から「クレジットカードで決済できない」と本部に連絡がありシステム障害が発覚した。システムが復旧するまで、店舗でシステム障害を告知し、現金での支払いを呼びかけた。「この影響で、大きな混乱が起きたという連絡は入っていない。作業の不備の詳しい原因については調査中」(ローソンの広報)という。