PR

 日本インフォア・グローバル・ソリューションズ・ジャパン(日本インフォア)は8月30日、ERP(統合基幹業務システム)パッケージ「Infor ERP LN」の短期導入支援サービスである「Infor ERP LN Fast Start」を発表した。会計、販売、購買、生産管理などの機能を最短3カ月で導入可能にする。日本インフォアによると「同様のシステムを導入する場合、これまでは1年以上かかっていた」という。

 Infor ERP LNは製造業向けのERPパッケージ。Fast Startが導入の対象としている業務は会計、販売、購買、生産管理、倉庫管理、企業計画の6種類。これらの機能を実現するために必要な、(1)Infor ERP LNのパラメータ設定を事前に済ませたテンプレートとプロトタイピングによる検証作業、(2)ユーザー向けの業務フロー図とトレーニング・マニュアル、(3)既存システムからInfor ERP LNへのデータ移行ツール、(4)プロジェクト管理ツール、をセットにして販売する。

 Infor ERP LN Fast Startは、日本インフォアおよびパートナー経由で9月10日から提供する。価格は、Infor ERP LNの20指名ユーザー・ライセンス、初年度の保守費用、65人日分のコンサルティング・サービス費用を含めて1600万円から。中堅・中小企業と大企業の事業部門が主なターゲットだ。