PR

 デジタルテレビ向けポータルサイトを運営する「テレビポータルサービス」(TVPS,9月1日にアクトビラへ社名変更,本社:東京都港区,社長:大野誠一氏)は2007年9月1日に,同社が運営するVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス「アクトビラ ビデオ」の利用者獲得を目的としたキャンペーンを開始する。アクトビラ ビデオに興味を持つユーザーなどを対象に,配信中の映像タイトルの詳細や見どころ,アクトビラ ビデオが視聴可能なテレビ受像機などの端末に関する情報などを提供するメールマガジンを発行し,アクトビラ ビデオの利用を促進する意向だ。同社は9月1日からNHKのドキュメンタリー番組や,バンダイのアニメなど約50本の映像を提供する。10月末まで試用期間として視聴料を無料にする方針だ。

 今回発行するメールマガジンの購読者には,アクトビラ ビデオ対応のデジタルテレビ2台を抽選で提供する。提供するのは,松下電器産業の42型プラズマテレビ「ビエラ PZ750SK」と,ソニーの液晶テレビ「ブラビア KDL-40X5000」のそれぞれ1台ずつで,10月中旬に抽選を実施する。同社は,現行のアクトビラサービスのトップ画面やインターネットの広告などでメールマガジンを告知し,1万件前後の購読者を獲得したい考えである。