PR

 フォティーンフォティ技術研究所は9月3日,Winnyネットワークでファイルを発信しているコンピュータのIPアドレスを特定するツール「WinnyRadar」を発売した。価格は500万円で,情報流出を起こした企業ユーザーや,ISP事業者などに対して販売する。

 WinnyRadarを開発したフォティーンフォティ技術研究所は,Winny検出ツール(関連記事:検出ツールの開発者が語る,「Winnyを検出する方法」)を開発した鵜飼裕司氏らが設立した企業である。

 WinnyRadarは,Winnyプロトコルで利用されている独自暗号を解析して,Winnyネットワーク上の各ノードが保持しているファイルの所在情報(キー情報)を解析し,特定のファイルを保持しているノードのIPアドレスを列挙するというツールである。暴露ウイルスなどに感染してWinnyネットワークにファイルが流出した場合,それを削除するのは困難だが,ファイルを発信しているパソコンのIPアドレスを特定できれば,削除の依頼などが可能になるだろう。

 同社ではエンドユーザー(情報流出などを起こした企業など)を対象にした「WinnyRadar End User Edition」に加えて,WinnyRadarを使ってファイル発信者のIPアドレスを特定するビジネスなどを行う事業者向けのライセンス「WinnyRadar Service Provider Edition」を用意している。価格はいずれも500万円である。