PR

 ユーザー認証技術の標準化団体Liberty Alliance Projectは,ID情報交換フレームワーク仕様「Liberty Trust Framework」の推進グループ「Identity Assurance Expert Group(IAEG)」を新設した。Liberty Allianceが米国時間9月9日に明らかにしたもの。

 Liberty Trust Frameworkは,正確なID情報交換を行うための共通基準を規定する。ユーザー認証を複数の組織にまたがって行う場合などに,ID保証レベルの管理などを標準的な手続きで行えるようにすることで,認証連携時の妨げとなる問題を解消するという。2007年の終わりに仕様を公開する予定。

 同仕様を推進する専門グループIAEGには,金融サービスや政府,ヘルスケア,サービス・プロバイダ分野の企業や組織が加わった。米Wells Fargo Bank上級副社長のJane Hennessy氏と,データ交換標準に関する非営利組織Postsecondary Electronic Standards Council(PESC)エクゼクティブ・ディレクタのMichael Sessa氏が共同議長を務める。設立に参加した企業/組織は以下の通り。

 米Adobe Systems,英BT,クリーブランド米連邦準備銀行,米Fidelity Investments,米Hewlett-Packard(HP),PESC,米SanDisk,米Sun Microsystems,Symlabs,米一般調達局(GSA),Wells Fargo Bank。

[発表資料へ]