PR

 日本テレビ放送網とNTTドコモは2007年9月11日,携帯端末向け地上デジタル放送「ワンセグ」のデータ放送を活用した新しいサンプリング広告手法を開発する実験を同日に開始したと発表した。ワンセグ対応の携帯電話機を活用し,誘導効果の高い放送・通信連携型広告を開発するのが狙いである。

 今回の実験では,日本テレビのワンセグの番組を同放送対応の携帯電話機で視聴すると,データ放送を使って自動的に「クーポン」が携帯電話機に蓄積される。入手したクーポンは日本コカ・コーラのCmode対応自動販売機で使え,新製品の缶コーヒー飲料の無料サンプルと交換できる。実験の概要は以下の通りである。

<クーポンの配信期間>
 2007年9月11~25日(日本テレビの放送時間中)
<クーポンの配信地域>
 日本テレビのワンセグエリア(東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県,群馬県,栃木県,茨城県)
<利用可能な自動販売機>
 日本コカ・コーラが提供するCmode対応自動販売機,合計約2万台