PR

 NTTドコモは9月13日,携帯電話を利用したパソコン向けデータ通信の定額プランを投入すると発表した。「定額データプランHIGH-SPEED」と「定額データプラン64K」の2種類で,10月22日から提供を開始する。

 定額データプランHIGH-SPEEDは,下り最大3.6Mビット/秒,上り最大384kビット/秒のデータ通信が可能なサービスで,通信量に応じて2段階の定額制を採る。1カ月の通信量が50万パケットまでは月額4200円の定額で,50万パケット以上100万パケット未満は1パケット当たり0.0126円の従量制で料金が加算される。100万パケット以上は常に1万500円の定額である。

 定額データプラン64Kは上りと下りの通信速度を最大64kビット/秒に制限したメニューで,月額4200円で使い放題になる。2008年1月7日からPHSサービスが終了するため,PHSの定額プラン「@FreeD」を利用していたユーザー向けの代替サービスとの位置付けである。

 ただし,利用にはいくつかの注意点がある。まずインターネットへの接続には別途,同社が提供する定額対応のインターネット接続サービスを契約する必要がある。定額データプランHIGH-SPEEDの場合は「mopera U U定額HIGH-SPEEDプラン」(月額840円)または「ビジネスmoperaインターネット(HIGH-SPEED)」(月額630円),定額データプラン64Kの場合は「mopera U U定額64Kプラン」(月額525円)または「ビジネスmoperaインターネット(64K)」(月額315円)を併用しなければならない。

 次の注意点は,定額プランで利用できるアプリケーションに制限があること。「大容量のデータ通信は周波数をひっ迫するので,細かい制限を設けた」(NTTドコモ)という。メールの送受信(SMTP/POP3)やWebの閲覧(HTTP/HTTPS)は可能だが,動画ストリーミング,FTP,VoIP(voice over IP),P2P(peer-to-peer)のアプリケーション,オンライン・ゲームなどは利用できない。

 このほか,「ファミリー割引」や「オフィス割引」などの基本料割引は適用対象外で,無料通信分も共有できない。「ファミ割MAX50」や「オフィス割MAX50」,「ひとりでも割50」,「いちねん割引」などの割引サービスも併用は不可とする。

 なお,NTTドコモは新しい定額プランの投入に伴い,「定額データプラン スタートキャンペーン」を実施する予定。定額データプランHIGH-SPEEDを契約したユーザーは,2008年1月31日まで月額4200円で使い放題になる(インターネット接続サービスの料金は対象外)。

[発表資料へ]