PR
写真●メール到達性についてのレポート画面
写真●メール到達性についてのレポート画面
[画像のクリックで拡大表示]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)子会社のGDX Japanは9月13日,企業間のメール交換の信頼性を確保する「GDX トラステッドプラットフォーム」を発表した。11月から,パートナー企業を通じて提供する。

 GDX トラステッドプラットフォームは,同サービスを利用する特定の企業間でメールを確実に届け,さらに届いたかどうかを確認できるサービス。GDX Japanの近藤学取締役事業開発担当は「セキュリティの観点から,誰でも無条件にメールを受け取るわけではない」と指摘し,企業間のメール交換では「不特定多数よりも特定多数と確実なやり取りができることが重要だ」と,サービス開発の背景を説明する。

 同サービスを利用するためには,メール・サーバーとインターネットの間に「GDX Edge」と呼ばれるアプライエンスを,送受信双方に設置する必要がある。SMTPで送信したメールは,GDX EdgeによってデータをXMLに変換してHTTPによって,GDX トラステッドプラットフォームのサーバーを経由して相手先のGDX Edgeに送られる。GDX EdgeからSMTPによって受信側のメール・サーバーに転送される。

 相手が同サービスを利用していない場合は,GDX トラステッドプラットフォームのサーバーを経由することなく通常のSMTP通信によってメールを送る。

 また,時刻認証機能も備えている。セイコープレシジョンの時刻認証サービスを採用し,メールに付与したタイムスタンプによって,送信日時の真正性を客観的に証明することができる。

 IT管理者向けの機能も充実させた。メールの配送状況や統計情報を確認できる機能も提供。管理画面上で,送信したメールが無事に届いたかどうかを確認したり,トラフィックや到達性についての統計レポートなどを作成したりできる(写真)。

 販売当初は大企業や官公庁を主なターゲットにする方針で,2008年度末までに300社のユーザー獲得を目標にしている。今後,無料トライアルなどのキャンペーンも展開する予定という。

[発表資料へ]