PR

 米Intelと映像制作向け物理シミュレーション・ソフトウエアのアイルランドHavokは,IntelによるHavokの買収について最終合意に達した。Intelが米国時間9月14日に明らかにしたもの。ただし,買収金額など詳しい取引条件は公表していない。

 Havokは,ゲーム/映画業界向けのデジタル映像制作ソフトウエアとサービスを手がける企業。リアルなゲーム用映像を作り出したり,映画に特殊効果を加えたりするソフトウエア開発ツールを提供している。Havokの技術は,ゲーム「Halo 2」や映画「The Matrix」(邦題「マトリックス」),「Charlie and the Chocolate Factory」(同「チャーリーとチョコレート工場」)などで使われた実績がある。

 設立は1998年。本社はアイルランドのダブリン。カリフォルニア州サンフランシスコ,テキサス州サンアントニオ,スウェーデンのストックホルム,インドのコルカタ,ドイツのミュンヘン,東京に事業所を置く。

 IntelはHavokを100%子会社化する。買収後もHavokの経営は独立して行い,従来通りの事業運営を続ける。

[発表資料へ]