PR
図1 WiMAXの概要1
図1 WiMAXの概要1
[画像のクリックで拡大表示]
図2 WiMAXの概要2
図2 WiMAXの概要2
[画像のクリックで拡大表示]
図3 事業構想1
図3 事業構想1
[画像のクリックで拡大表示]
図4 事業構想2
図4 事業構想2
[画像のクリックで拡大表示]
図5 事業構想3
図5 事業構想3
[画像のクリックで拡大表示]
図6 WiMAX事業における成功要素と新会社の強み
図6 WiMAX事業における成功要素と新会社の強み
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIとインテル,JR東日本,京セラ,大和証券グループ本社,三菱東京UFJ銀行の6社は2007年9月18日,2.5GHz帯を使う無線ブロードバンド技術「モバイルWiMAX」の事業免許取得を目的とした事業企画会社「ワイヤレスブロードバンド企画」を共同で設立することに合意したと発表した(発表資料)。

 新会社は,8月29日にKDDIの100%出資で設立済みである。9月27日までに他の5社からの出資を受け入れ,資本金を8億5000万円に増資する。これによりKDDIの出資比率は32.26%と,3分の1を切る予定である。その他の会社の出資比率は,インテル キャピタルとJR東日本,京セラが17.65%ずつ,大和証券グループが9.8%,三菱東京UFJ銀行が5%である。

 新会社は事業免許が取得できれば,まずパソコン向けの移動データ通信サービスを提供するという。KDDIの携帯電話基地局インフラや,JR東日本の鉄道インフラなどを活用してエリアを拡大する計画である。さらに,米国で2008年初頭にも商用のモバイルWiMAXサービスを提供する予定のSprint Nextelと国際ローミングで提携するとした。

 総務省は2007年10月12日を期限に,2.5GHz帯の周波数による無線ブロードバンド通信事業の免許申請を受け付けている。移動通信事業への新規参入を促進するため,申請する事業者は,既存の第3世代移動通信(3G)事業者による出資比率が3分の1以下であることを条件としている。