PR
desknet's Enterprise Edition Version6に追加されたHoppen
desknet's Enterprise Edition Version6に追加されたHoppen
[画像のクリックで拡大表示]
desknet's Enterprise Edition Version6の議事録機能
desknet's Enterprise Edition Version6の議事録機能
[画像のクリックで拡大表示]

 ネオジャパンは,Web型グループウエア「desknet's」の大規模ユーザー向けエディションの最新版「desknet's Enterprise Edition Version6」を,9月18日に出荷した。6月から出荷している通常版の最新バージョン「desknet's Version6」の機能を継承した,大規模ユーザー版という位置付けである。価格は,52万5000円(50ユーザー)から。

 desknet's Enterprise Edition Version6は,desknet's最新版の大規模ユーザー版である。元々desknet'sは通常版と大規模ユーザー版の2種類のエディションを用意している。まずは6月に通常版を最新版とした上で,今回,大規模ユーザー版を通常版と同一のバージョンに引き上げた。

 今回,最新版として新たに追加された機能は,6月に出荷した通常版に準じる。具体的には,会議の企画立案から召集,事前準備の指示,議事録の保存など,会議にともなう一連のワークフローを円滑に進めるための「議事録機能」を追加した。

 今回さらに,大規模ユーザー版だけが備える機能として,「Hoppen」と呼ぶ更新通知機能を追加した。desknet'sを常時立ち上げておかなくても,デスクトップにHoppenのツールを配置して表示させておくことで,伝言やメールが届いた際に,届いたことが分かるようにするツールである。

 なお,大規模ユーザー版とは,全社導入など,大規模な導入ケースを想定したエディションである。ライセンスは,最小構成時が50ユーザーとなっている。アーキテクチャとしては,自前でデータベースを備える通常版とは異なり,データの格納先として,OracleやSQL Server,PostgreSQLなどの外部リレーショナル・データベース管理システムを必要とする。