PR

 米AMDは米国時間9月17日,デスクトップ・パソコン向けプロセサの新製品系列「Phenom」でトリプルコア(3コア)モデルを提供すると発表した。

 Phenomは,AMDが2007年第4四半期に出荷を計画するデスクトップ・パソコン向け新型プロセサ製品系列。性能の高い順に「Phenom FX」「Phenom X4」「Phenom X2」というラインアップを用意し,Phenom FXとPhenom X4はクアッドコア(4コア)プロセサ,Phenom X2はデュアルコア・プロセサとしていた(関連記事:AMD、デスクトップ向け新CPUブランド「Phenom(フェノム)」を発表)。

 トリプルコア版Phenomは,単一ダイに演算コアを3個搭載する。メモリー・コントローラおよびI/OをCPUに直接接続する技術「Direct Connect Architecture」やキャッシュ・メモリー技術「Balanced Smart Cache」,共有レベル3キャッシュ・メモリーなどにより,メモリー・アクセスを高速化し,処理性能を高める。

 必要とされる処理能力に応じて自動的に消費電力を調整できる「Cool'n'Quiet 2.0」技術を採用する。同技術で各コアの動作周波数,HyperTransportおよびメモリー・コントローラのクロック周波数を個別に制御し,発熱を抑える。

 トリプルコア版Phenomは2008年第1四半期に利用可能とする予定。

 米メディア(CNET News.com)によると,トリプルコア版Phenomは基本的にクアッドコア版Phenomと同じプロセサで,作動するコア数が1つ少ないだけという。

[発表資料へ]