PR

 米DoubleClickは米国時間9月24日,モバイル向け広告サービス「DoubleClick Mobile」を発表した。同社の広告配信管理技術DART(Dynamic Advertising Reporting and Targeting)と連携させることで,広告主がモバイル広告を包括的に管理できるようにするという。

 広告主は同サービスを利用して,モバイル広告の配信,広告キャンペーンの期間設定,ターゲット・ユーザーの指定などを行える。また,個別のモバイル機器に合わせて広告サイズを自動的に選択する機能に加え,インプレッション追跡機能,配信前の広告プレビュ機能などを提供する。

 DoubleClick リッチ・メディアおよび新技術担当副社長のAri Paparo氏は,「モバイル向け広告が実験段階から実用段階へと前進したことで,広告主にとって魅力的な収益源となりつつある。この市場機会を利用して,モバイル広告を広告主に直接販売したいと考える企業が増えている」と説明する。

 米メディア(InfoWorld)が掲載している米Kelsey Groupの予測によると,モバイル向け検索広告および表示広告市場は,2007年の3220万ドル規模から2012年には14億ドル規模へと急成長を遂げる見通しという。

[発表資料へ]