PR

 日本オラクルは,9月26日に新しい認定資格を発表した。新しく提供するのは,「Siebel」「PeopleSoft」「JD Edwards」に対応した認定資格と,特定分野のエキスパートを認定するORACLE MASTERの新資格「ORACLE MASTER Expert」。

 前者としては,Siebel用に「Siebel 7.7 認定コンサルタント」(2007年10月末予定)と「Siebel 8 認定コンサルタント」(2008年2月予定),PeopleSoft用に「PeopleTools 認定 Developer」(2008年2月予定)と「PeopleTools 認定 上級Developer」(2008年2月予定),JD Edwards用に「JD Edwards EnterpriseOne 8.1 認定 会計コンサルタント」(2007年12月予定)を提供する。

 一方,ORACLE MASTER Expertとしては,Oracleのクラスタ技術「RAC(Real Application Clusters)」の専門家を認定する「Oracle Database 10g:Real Application Clusters Administrator Certified Expert(RAC Expert)」と,Linux特有のスキルを認定する「Oracle Database 10g:Managing Oracle on Linux Certified Expert(Linux Expert)」を提供する。

 RAC Expertの提供時期は,2007年10月末。「Oracle Database 10g R2:RAC for Administrators」と呼ぶ試験に合格し,研修「Oracle Database 10g Real Application Clusters構築と運用」を受講すれば資格を取得できる(「ORACLE MASTER Oracle Database 10g Gold」資格取得者は研修を受講しなくてもよい)。

 Linux Expertの提供時期は,2007年11月末。「Oracle Database 10g R2:Managing Oracle on Linux for DBAs」と呼ぶ試験に合格し,研修「Linux版Oracle10g:データベース構築と運用」を受講すれば,資格を取得できる(「ORACLE MASTER Oracle Database 10g Silver」資格取得者は研修を受講しなくてもよい)。試験価格は,RAC Expert,Linux Expertともに1万5750円(税込)。

 同社は同時に,「Oracle Database 11g」の認定資格「ORACLE MASTER Oracle Database 11g」を2008年2月に提供開始することも発表した。