PR

 日立製作所は9月27日,データセンターの消費電力を現状よりも50%削減することを目標とした技術開発計画「CoolCenter50(クールセンター50)」に着手すると発表した。このための専任組織「省エネセンタ推進部」を,同社情報・通信グループのアウトソーシング事業部内に10月1日付けで設置する。手始めに,省電力技術を適用した同社のアウトソーシング受託用の新データセンターを建設する。

 CoolCenter50は,データセンターの消費電力を今後5年間で50%削減するための省電力技術を開発するプロジェクトである。プロジェクトの成果は,開発した技術を実装した製品や運用ノウハウなど,さまざまな形で提供する。省電力技術の実証の場として,消費電力を50%削減可能な新データセンターを建設し,その数を増やしていく。日立グループで請け負うアウトソーシング事業や,日立グループの社内ITシステムの消費電力を低減させる。

 日立グループ各社のノウハウをデータセンター省電力化に適用する。例えば,三次元熱流体解析ソフトウエアを用いた空調環境コンサルティング,日立プラントテクノロジーが持つプラント管理技術のデータセンターへの適用,ワイヤレスインフォベンチャーカンパニーのセンサー・ネットワーク技術によるリアルタイム検知/制御,都市開発システムグループのビル管理システムとの連携,などである。