PR
写真●解任を受け入れる方針のアイピーモバイルの竹内一斉・代表取締役社長
写真●解任を受け入れる方針のアイピーモバイルの竹内一斉・代表取締役社長
[画像のクリックで拡大表示]

 アイピーモバイルは9月28日,竹内一斉代表取締役社長が会見(写真)し,杉村氏以外の現経営陣(竹内氏含む)4人の退任を明らかにした。現取締役会長の杉村五男氏から森トラストを介して,株主総会を招集ならびに杉村氏以外の現取締役の解任と新取締役の選任について請求がきており,竹内社長はこの請求を受け入れる方針。

 会見で竹内社長は「免許返上に関しては現段階でまったくない。事業化に向けて進めている」としたものの(関連記事),請求に基づいて株主総会を開催し,今後の事業については「新経営体制で進めていくと思う。その段階でまたあらためて今後の事業をどうするか,というアナウンスがあると思う」と説明した。株主総会の日程は現時点では未定である。

 森トラストに関して竹内社長は「株式が(ネクストウェーブ・ワイヤレスから)返された時点で,免許返上といった手段をとらなかった森トラストに対してありがたいと思っている(関連記事)」と説明。新体制後の資金面のパートナーについては「杉村氏が進めており,現時点では分からない」という。「現経営陣としては森トラストに資金的なコアにいていただくことがこの事業の成否を握ると考えている。新体制になってどうなるかは聞いてはいない」と回答。引き続き事業化については不透明な状態のままである。

 森トラストによると,「今回の株主総会の招集請求は,株式の名義書き換えが済んでいないため,杉村氏の要請に基づいて代行したもの。現在,森トラストはアイピーモバイルと一切関係はなく,今後も経営などにかかわるつもりはない」という。