PR

 アパレル・メーカーの米Gapは米国時間9月28日,同社が受け付けた就職希望者80万人分の個人情報が流出したと発表した。

 Gapは求人業務を複数の外部企業に委託しており,そのうち1社が就職希望者の情報管理に使っていたノート・パソコン1台を盗まれた。Gapによると,その委託企業とはデータの暗号化を行う取り決めを結んでいたが,実際には暗号化されていなかったという。

 流出したデータは,同社が米国/プエルトリコ/カナダで展開する「Old Navy」「Banana Republic」「Gap」店舗およびアウトレット店舗の販売員求人に対し,2006年7月~2007年6月にオンラインまたは電話で就職を申し込んだ約80万人の個人情報。情報には社会保障番号(SSN)も含まれていた。

 Gapは,問題のパソコンにSSNが記録されていた就職希望者に対し,情報流出の通知を始めた。24時間対応のヘルプ・デスクも設ける。さらに,情報不正使用の監視サービスなどを1年間無償で提供する。最新情報を掲載するWebサイトも開設した。

 既にGapは警察に通報しており,捜査は始まっているという。

[発表資料へ]