PR
チューナーやB-CASのリーダー部は下のきょう体部に納めた
チューナーやB-CASのリーダー部は下のきょう体部に納めた
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2007年10月1日,世界初となる有機ELパネル「オーガニックパネル」を搭載したテレビ「XEL-1」を12月1日に発売すると発表した(発表資料)。画面サイズは11型で,価格は20万円である。地上・BS・110度CSデジタル放送対応の3波共用チューナーを搭載するほか,HDMI端子に接続した外部機器の映像も表示できる。パネルは縦960画素×縦540画素表示で重さは2kg,ディスプレイの最も薄い部分の厚さは約3mmである。LAN端子を搭載し,ルームリンクやアクトビラベーシックにも対応する。またUSB端子に接続したメモリー内の画像やMPEG-1動画も再生できる。

 液晶パネルと比較した有機ELの特徴は,応答速度が速いこと。今回は数マイクロ秒としており,この高速性を生かして,1フレーム期間内に黒挿入をした。一般にテレビ1フレームの表示期間は1/60秒だが,このパネルでは映像の表示時間をさらに短くして,残りの時間に黒画面を挿入する。黒挿入すると輝度はその分低下するが,今回の製品では600cd/m2を維持している。

 今回の製品では,同社の過去の研究開発で培ってきたトップエミッション方式(高い開口率),マイクロキャビティ(光の取り出し効率向上と色純度の向上),!)完全固体封止技術を採用した。液晶テレビとの比較としては,全白輝度に対してピーク輝度を上げられることを挙げた。発表会では,ウインドウサイズを小さくしたときに,全白に対して3倍の輝度になる図を示した。

 自発光である有機ELパネルは,液晶パネルやプラズマディスプレイパネル(PDP)と比べるとバックライトや放電用空間が不要で,パネルの薄型化や軽量化で有利と位置付ける。またコントラスト比は100万対1以上であり,色再現性はNTSC比で110%と広い。このため,くっきりと鮮やかな映像を再生できるという。ソニーでは今回の製品を,画質や製品デザインにこだわりを持つユーザーをターゲットに販売する予定である。