PR
製品を手に持つソニーの井原勝美副社長。重さは約2.0kg
製品を手に持つソニーの井原勝美副社長。重さは約2.0kg
[画像のクリックで拡大表示]
2007年12月1日に発売される「XEL-1」。ディスプレイ部は約3mmと薄い
2007年12月1日に発売される「XEL-1」。ディスプレイ部は約3mmと薄い
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2007年10月1日、有機ELディスプレイを採用したテレビ「XEL-1」を同12月1日に発売すると発表した。有機ELディスプレイを採用したテレビを出荷するのは、世界で初めて。同社の井原勝美副社長は「液晶テレビをすぐに置き換えるとは思っていないが、次の薄型テレビと位置付けてテレビ事業を進めていく」と述べ、次の世代を担うテレビとして育てていく姿勢を示した。

 有機ELディスプレイとは、電圧をかけると発光する有機物質を使い、ガラス基板に蒸着させて表示させる方式のディスプレイ。自ら発光するため、液晶のようなバックライトを必要とせず、厚みを薄くできる。また、通常の液晶ディスプレイに比べ、応答速度や消費電力の点で優れているとされる。

 実際、製品の開発に当たった同社テレビ事業本部E事業開発部の白石由人部長は、性能について「コントラストは100万対1を上回り、測定器の限界を超えている。応答速度は、液晶ディスプレイが数ミリ秒であるのに対し、今回の製品は数マイクロ秒。応答速度としては数千倍を実現している」と述べ、製品の性能に自信を示した。

 今回発売する「XEL-1」の液晶サイズは11型。液晶部の厚さは約3mm。地上デジタル、BSデジタル、CSデジタルの各チューナーを内蔵している。希望小売価格は20万円に設定されている。