PR

 米Microsoftは米国時間9月30日,企業向けオンライン・アプリケーション・サービス「Microsoft Exchange Online」「Microsoft Office SharePoint Online」「Microsoft Office Communications Online」の提供を開始した。Microsoftが同日明らかにしたもの。

 また「Microsoft Office」と連携する無料オンライン・サービス「Microsoft Office Live Workspace」(英語対応のベータ版)の事前登録受け付けをWebサイトで始めた。

 Microsoftは今後展開するオンライン・サービスにおいて,主に個人や企業のエンドユーザー/仮想ワーク・グループ向けのものには「Live」,より高度で重要度の高いITサービスには「Online」という名称を付ける。例えばMicrosoft Exchange Online,Office SharePoint Online,Office Communications Onlineの3サービスは,契約数5000シート以上の企業を対象としている。

 一方,Microsoft Office Live Workspaceは,Microsoft Office文書をオンライン保存し,Web経由で共有するためのサービス。「Microsoft Office Word」「同PowerPoint」「同Excel」「同Outlook」からインターネットを介して利用する。最大1000個以上の文書を保存可能で,公開する文書にはパスワードを付けてアクセスを制限できる。保存された文書の閲覧はWebブラウザだけで行えるため,パソコンにMicrosoft Officeをインストールする必要がない。

 またMicrosoftは,オンライン・サービスの提供計画などについても発表した。主な内容は以下の通り。

  • 「Microsoft Office Live」の名称変更:小規模企業向けオンライン・アプリケーション・サービスMicrosoft Office Liveの名称を「Microsoft Office Live Small Business」に変える
  • 「Microsoft Exchange Labs」:大規模環境向け次世代メッセージング/ユニファイド・コミュニケーション機能の研究開発に取り組む
  • 「Microsoft BizTalk Services」の新版:業務アプリケーション向けの基本的な各種機能を提供する

[発表資料へ]