PR

 米eBayは米国時間10月1日,同社傘下のSkypeにおいてNiklas Zennstrom氏がCEO(最高経営責任者)職を退任したと発表した。同氏はSkype取締役会の非常勤会長となる。後任が決まるまで,eBayの現CSO(最高戦略責任者)であるMichael van Swaaij氏が暫定CEOを務める。

 Zennstrom氏はJanus Friis氏と共同で2003年にSkypeを設立。eBayが2005年にSkypeを買収(関連記事:米eBayがルクセンブルグSkypeを買収へ,取引総額は最大約41億ドル)したのちも,CEOを留任した。

 eBay広報担当のHani Durzy氏によると,Zennstrom氏の退任理由は,「他のプロジェクトにより多くの時間を注ぐため」という(米InfoWorld)。

 さらに,eBay上級副社長兼Skype社長のHenry Gomez氏はeBayに戻り,eBayコーポレート・アフェア担当上級バイス・プレジデントに就任する。

 eBayはまた,一部Skype株主に対して3億7500万ユーロ(約5億3000万ドル)を支払ったことを明らかにした。Skypeを買収した際の契約に基づく処理で,アクティブ・ユーザーや売上高などの増加に応じた支払い義務を果たすもの。eBayはこれを含む合計10億500万ユーロ(約14億3000万ドル)を減損損失として2007年第3四半期に計上する予定。

[発表資料へ]