PR
写真●緊急地震速報を端末で受信しているところ
写真●緊急地震速報を端末で受信しているところ
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは,2007年10月2日~6日に幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2007」において,携帯電話への緊急地震速報のデモを実施している。

 携帯電話への緊急地震速報は,NHKなどが10月1日から始めたテレビ放送中に流す速報とほぼ同じ。予測震度や残り秒数などは表示せずに「強い揺れに備えてください」といったメッセージだけが届く。ただし全国一律に配信するのではなく,気象庁が区分している全国186エリア別に,対象となる地域に対してのみ配信する。揺れが小さい地域には通知は届かない。

 メッセージは携帯電話の制御チャネルに拡張して載せるため,通知を受けられるのはこのメッセージが解釈できる端末に限られる。現時点では対応する端末はないが,「今後発売する端末のすべてにこの機能を搭載していく方向で開発している」という。サービス開始は年内を予定している。